大森の海苔は江戸時代には御膳海苔として上納されるほど品質に優れ、後にはその生産技術は全国に広められました。日本の海苔養殖発祥の地とも言われ、海苔生産の中心的な役割を果たしてきました。
 昭和37年の埋め立てにより大森の海苔養殖の歴史は閉じられましたが、今も多くの海苔問屋が残り、日本全国から海苔が集まり。全国に販売される海苔流通の要として生き続けています。
大森海苔問屋街専門店会
旨い海苔、ギフトの専門店です。香りが強く、歯切れの良い海苔なら岩波海苔店にお任せを。
明治19年、大森村の漁師の倅が大志を抱き、海苔の商いを始めました。
かねこは創業150年余。これからもおいしい海苔を追求し続けます!
味附海苔に果敢に挑戦している店です。海苔の香りとマッチして、『個性豊かな面白い味に仕上げてあります。又、子供さんに喜ばれる「サッカー海苔」の発案店です。
味、香り、歯切れの良さ、色、艶。頑固に、かたくなに、海苔の美学を追求しています。
海苔は、家庭的な雰囲気の中で1枚、1枚、丹念に吟味し、注文にあわせて加工しています。
おいしい海苔を求めて、全国を駆けまわっています。
明治38年創業。大正3年より且O越に納入を始める。現在も金缶海苔として、味のある風味豊かな海苔を販売しています。
各産地の入札指定商として全国から味と香りの良い海苔を仕入れています。
海苔の未来を開拓します。
新海苔は年によって良い産地が変わります。松尾では一番良い産地を選んで、お奨めしております
隣接工場で一枚一枚丁寧に焼き上げ、即お客様のお手元に。
自社工場にて焼き海苔・味付け海苔を製造いたしており、加工時より短時間でお客様のお手元へ.。



大森海苔のふるさと館
Japanese NORI Musuem
大森ふるさとの浜公園
Artificial beach in Tokyo
大森で海苔簀編み体験 大森の海岸は
海苔の名産地だった
大森海苔のふるさと館と
その周辺
大森海苔のふるさと館
海苔の浮世絵
由の家芸者大森甚句 「大森巻きをつくろう」
平成24年4月22日(日)


 
海苔問屋街とくとく情報
海苔問屋街EVENT 親子で作るのり巻教室
平成19年7月28日
第5回「夏休み自由研究たすけ隊」
   


当ページはリンクフリーですが、リンク後メールをお願いします。
nori.tonyagai@gmail.com

大森海苔問屋街





P8qFfz5h