パネル展示やのりすき体験
あす大森夢フェア
東京新聞 平成13年5月12日(土)朝刊
 品川区と大田区の「区境」をもり立てていこうと発足した「大森夢会議」(岩田文雄会長)が十三日、JR大森駅近くの大森ベルポートなどでイぺント「大森夢フェア」を開催する。
 会議は昨年三月、発足。JR大森駅周辺を中心に両区の商店会や町会・企業などが参加し、現在法人会員を含め会員は二百人になる。「大森」が住みたい町になるように。人づくりから町づくりを始めたい」(安野貞治郎事務局長)と、会員がそれぞれの関心事に取取り組んでいる。
 昨年6月に初のフェアを開催し、存在は地元に浸透。今回は昨年の1.5倍の規模で行う。
 馬込文士村のパネル展示やのりすき体験など歴史を伝える展示のほか大森周辺で活動する人たちのストリートダンスからハワイアン、早慶明大学対抗ジャズフェスティバルなど多彩な企画が展開される。問い合わせは同フェア実行委員会事務局=(3766)3653=へ。