東京誠心調理師専門学校の学園祭
2006.11.5(日)
午前中はフランス料理の講習会、午後2時からは、「 ありがとう大田区の恵み 」をテーマにした太巻きの講習会が行われました。講師は日本料理教授の斎藤利昭先生でした。
講習会のはじめに大田区の特産品は海苔である事、(正確には海苔だった事ですが)が紹介されました。問屋街の存在も、NORI-WEB18社も紹介されました。
 最後に5mのジャンボ海苔巻き作りが行われましたが。海苔に御飯が乗せた瞬間、階段教室には海苔の香りが充満。その瞬間、会場がざわめきました。
5mの巻き寿司が用意されました。 あらかじめ1人分のごはんがラップに包まれて渡されます。
    
海苔を置いて行きます。30枚を接着し、ロール状に巻いてあります。 ごはんをのばしていきます。
 
ラップに包まれた具材を乗せます。
 
全員で息を合わせて巻きます。 完成です。
 
斉藤先生のプロの早切りは見事でした。 見学していた方々に太巻きが配られました。